特     長
  • 消化と吸収の優れた脂肪酸、酵素分解した蛋白質および炭水化物など三大栄養素を含んだ子牛用栄養補給食です。
  • 栄養代謝には欠かすことの出来ない大切な微量栄養素、ビタミンおよびミネラルがバランスよく配合してあります。
  • 腸の活動を活発にして整腸に働くビフィズス菌の増殖因子であるオリゴ糖を配合してあります。
  • 消化と吸収の優れた総合栄養飼料なので、虚弱なもの、体力の低下したもの、胃腸の弱い者、食欲のないものなどへの給与に最適です。
  • 溶解性の良い粉末状になっていて、用時微温湯に溶かして与えるので、安定性と安全性に優れています。
  • 味と香りは子牛が好むように調整してあります。

成     分
含有する飼料添加物の名称
ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、パントテン酸、ニコチン酸、ビタミンC、でん粉分解酵素、硫酸鉄、硫酸銅、硫酸亜鉛、塩化カリウム、サッカリンナトリウム、着香料

原材料名
脂肪酸、カゼインホスホペプチド、酵素処理大豆蛋白、オリゴ糖、食塩、デキストリン


給与方法と給与量
1日1頭あたり下記の量を目安に与えて下さい。
給与時期
給与方法および給与量
子牛の長距離輸送中の
栄養補給
本飼料1袋(75g)1〜1.5Lの微温湯に溶解し、6〜8時間ごとに給与して下さい。
子牛導入時の栄養補給
子牛到着後2〜3時間休息させ、本飼料1袋を1〜1.5Lの微温湯に溶解し、1〜2回給与して下さい。
哺育期間中に代用乳等の給与を一時中止するような時の栄養補給
生後30日令以前の哺育牛には
  • 本飼料1袋を1〜1.5Lの微温湯に溶解して1日2回、3〜5日間給与して下さい。
  • 体調が良くなった後、本飼料と代用乳を混合して給与し、順次正常給与に戻して下さい。
生後31日令以降の子牛には
  • 本飼料2袋を2〜3Lに溶解して上記に準じて給与して下さい。

カーフセリッシュの溶解方法
少な目の微温等にカーフセリッシュを少量ずつ良く攪拌しながら加え、全量が溶解したら、さらに微温湯を加え液を規定量にして給与して下さい。

●子牛の栄養補給には、代用乳または人工乳に本品を5〜20%混合し給与して下さい。


保 存 方 法
  • 本品は日光を避け、乾燥した冷所に保存して下さい。
  • 本品は使用後密封して保存し、また開封後は早めに使用して下さい。

包     装
1.5kg(75g×20袋)



ホーム トップ
Copyright © 2008 NISSAN GOSEI KOGYO CO.,LTD. All Rights Reserved.