特     長
  • 消化酵素の配合により、飼料の分解を促進して消化、吸収をたすけ、胃腸の負担を軽くします。
  • 刺激性が少なく、下痢に対し、殺菌、防腐的に働く抗菌物質を配合してあります。
  • 食欲と消化液の分泌をさかんにすると同時に、下痢の症状を改善する働きのある生薬が配合してあります。
  • 酵母は食欲や代謝機能を促し、また整腸的に働きます。

新モアラーゼ散の働き
  • 消化酵素はたん白分解酵素、でんぷん分解酵素及びせんい分解酵素の3種を配合し、たん白質をアミノ酸に、でんぷん質及びせんい質を糖類にまで分解して、飼料の消化、吸収をよくします。
  • サリチル酸フェニルは、小腸内で除々にサリチル酸とフェノールに分解し、腸炎や腸内異常発酵に殺菌、防腐効果を発揮します。サリチル酸フェニルは小腸から吸収されにくく、また刺激性の少ない医薬品です。
  • オウバク末は苦味のある健胃薬、止瀉薬としで使用されます。その主成分はベルベリンで、抗菌作用のほかに抗炎症作用、下熟作用、胆汁分泌作用のあることが報告されています。また オウバクの止瀉効果は、小腸内水分や電解質分泌亢進の抑制作用にあると推定されています。
  • ケイヒ末は芳香健胃薬として食欲不振や消化不良に用いられています。またケイヒ中の精油には、腸管運動促進作用や抗カビ抗菌作用が認められるとされています。ケイヒ末にはその他に鎮けい作用、下熱作用、ストレス性胃びらん予防効果や胆汁分泌促進作用のあることが報告されています。
  • サッカロミセス酵母は、食欲不振や胃腸障害を改善するばかりでなく、栄養障害、ビタミンB群の不足及び欠乏、発育不良時の整腸や栄養補給などに用いられます。

効能 又は 効果
 食欲不振、消化不良、消化器疾患・消化器衰弱における症状改善、下痢における症状改善


成分 及び 分量
(100g中)

 たん白消化力
 (たん白分解酵素)
28,500単位
 でんぷん糊精化力
 (でんぷん分解酵素)
7,500単位
 せんい素糖化力
 (せんい素分解酵素)
510単位
 オウバク末
5.0g
 ケイヒ末
4.0g
 サリチル酸フェニル
2.0g
 サッカロミセス酵母
40.0g
 天然ケイ酸アルミニウム
25.0g
 コーンスターチ
22.6g

用法 及び 用量
 各動物とも、右記量を1頭当たり1日1〜3回そのままで、あるいは水(温湯)に懸濁し、 又は少量の飼料によく混和して経口投与する。

種 別
体 重
投与量
種 別
体 重
投与量
300kg以上
50〜140g
100kg以上
15〜30g
100〜300kg
25〜70g
30〜100kg
7.5〜15g
100kg以下
12.5〜35g
10〜30kg
5〜10g
10kg以下
3〜6g
上記以外の動物(馬、めん羊、犬、鶏)に使用する場合は能書を参照下さい。


使用上の注意
【一般的注意】
  1. 本剤は定められた用法・用量を厳守すること。
  2. 本剤は効能・効果において定められた適応症の治療のみに使用すること。
  3. 本剤は投与後、下記の期間は食用に供する目的で出荷等を行わないこと。
    牛、馬、豚、めん山羊、鶏:3日間
    牛乳:24時間
【対象動物に対する注意】
1制限事項
  1. サルチル酸フェニルは、猫に対して中毒をおこす恐れがあるので、本剤を猫に投与しないこと。
2副作用
  1. サルチル酸は、経口又は腹腔内投与によるラットの動物実験で催奇形作用が報告されているので、 妊娠動物及び妊娠している可能性のある動物には慎重に投与すること。
  2. 本剤は実験動物において変異原性を示したとの報告がある。

包     装
10kg(100g×100分包品)



ホーム トップ
Copyright © 2008 NISSAN GOSEI KOGYO CO.,LTD. All Rights Reserved.